全記事リスト   管理者用
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、少し毛色の変わった話をします。



同じ条件、同じ問題に対しても、その人がその時に持っている運や、発している気によって、出てくる結果は異なるものです。



それは私の恩師で、日本有数の特別な易をしている方も言っておられました。



その方は、従来の易に、神道の要素とご自分独自の秒単位の時間を組み合わせて、その的中率は、99.9%と言われていました。


それを聞いて、ある大企業がコンピュータ占いのような形で、使わせて欲しいとの申し出があったほどですが、きっぱりとお断りをされていました。



「私の易は、確かに99.9%当たるという自信はあります。しかし、たとえ99.9%当たったとしても、それが興味半分、遊び半分の人の時に当たり、本当に人生をかけるご相談の人の時に、それが外れたら意味がないのてす。



そして同じ卦が出ても、結果は同じではありません。最後の決め手は、その人がその時に発している気で判断するのです。



それは絶対に機械では出来ません。直接お目にかかって見るしかないのです。」と言われ、もったいないと言われながら、コンピュータ化しませんでした。



どんなにその人が持つその時の運気が良くても、それを活かす人の気持ちが引けていたのでは、活かすことは出来ないと言うことです。



目の前にチャンスがぶら下がっていて、手を伸ばせばいいだけの時でも、何もしないで時間だけ過してしまう人が、実は結構多いのです。「誰かが何とかしてくれるだろう。」「誰も何もしてくれない。」と愚痴る人がいますが、誰も何もしないのではなく、自分が何もしなかったために、いい運も過ぎ去ってしまうことに気がついていないとしたら、本当にもったいないことです。



人生は、時として自分にだけ苦しい様に見えますが、大きな目で見たときに、実は大変に平等に「運」は巡ってきているのです。要はそれを受け入れるか、受けいれないかの違いであり、行動するか、しないかの違いではないかと思うのです。



良い運勢も、自分のその時の気迫と釣り合った動きになるはずです。


スポンサーサイト

今、成人式は二十才ですが、かつて男子の成人の儀式は、『元服』といって十五才で行なっていました。



実は、人が天命を知り、それに向って人生を進んで行くのは、この十五才だと言われています。本当ならば、その年までに「人としての基礎」を学び、十五才からは「自分の天命、適職に合わせての学びや鍛え」をしていくことが、人生の歩みとして正しいのです。



しかし、現在の十五歳は、高校一年生です。それに目を向けて、考えたり、調べたりする人はほとんどいません。



「自分の適職は?」「自分は何に向いているのだろうか?」などに目を向ける機会や、指導をしてくれる方は、学校でも社会でも、家庭でも、ほとんど無いままに過してしまいます。



そしてクラブ活動に夢中になるか、あるいは受験校で大学受験に向けて、ひたすら勉学に励むか、しかしそれも何になりたいから、その為の学びとしてするのではなく、大学に入るためだけに勉強しているのではないでしょうか。



しかしそれでは、人生の目的が、何なのか、何を目指し進んだらいいのかが分からないまま大事な時間を過すことになってしまいます。



成人は、二十才、大学卒業は二十二才、それまでは適性・適職に目を向けないで過してしまうと、その五年間、七年間は、人生にとってものすごく大きな損失になります。



「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、十五才で天命がはっきりした直後の数年間は、最もその適性を伸ばしたり、磨いたりするのに効果の大きい時期だからです。



大人になって「自分は果たしてこの会社で一生を終えるのだろうか」「こんな事をしていていいのだろうか」と悩み、生き甲斐もなく、ただただ給料日と週末の休みのみを楽しみにして人生を過すことになってしまいます。



しかしそんな人は、会社でも不要ですから、真っ先にリストラ要員にされてしまいますね。



また、今まで順調に来ていたのに、高校に入った途端に、突然失速するお子さんが出ることがありますが、ただ新しい学校になじめないだけでなく、自分の天命にあっていない学びを拒否する、感性の良いお子さんにそうしたことが起きることがあります。



そんなときは「今まで明るかったのに、どうして?」「何でそんなに気力がないの」と責めるだけでなく、「この子は、本当は何に向いているのだろうか」と見てあげて下さい。今問題のイジメということも考えられますが、そうでなければ、その子に合わないことを学ばせている可能性もあるからです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。