FC2ブログ
全記事リスト   管理者用
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ご利益信仰は、良くないですよ」とお話ししますと、ほとんどの人が不服そうな顔になります。言葉にこそ出しませんが、心の中で「神社に行くのに、ご利益を求めないで、なにをしに行くのか」と思われるようです。

しかしご利益信仰というのは、「ご利益があるなら信じるよ」「ご利益を求めて、神の前に行くよ」ということで、「神様の日ごろの恵みに感謝する」ということが抜けがちになるのです。

「感謝の気持ちがあって、はじめて神様の支えに乗れる」と言われますが、その感謝の気持ちが無くて、「これを叶えてくれ」「何かご利益をくれ」とだけ思って信仰もどきをすると、それは神様に合う波長と言うよりも、動物霊のようなものと波長が合いやすくなります。

ですから本来の神様に通ずるのではなく、動物霊と関わりを持ちやすいのです。動物霊が、仮に何かの願いを叶えてくれるときは、競輪・競馬が当たるような感じで、初めのうちはすごくうまくいくときがあります。

しかし、それもつかの間、「してやったんだから、自分たちを養え」と言ってきて、その後すぐに、たかられるような状態になります。だから、後は当たるどころではないのですが、皆、一度当たると、次も当たるだろうと期待するのです。

「ご利益信仰」には、宝くじやバクチなどの当たりを期待するような危うさがあります。「ご利益(ごりやく)」と言いますが、そもそも本当の「利益(りえき)」とはなにかを考えてみたいと思います。

「本当の利益というものは、何かに貢献して初めて生まれてくる」ものです。今のように取引で「売った、買った」で、すぐに儲かるというものではないのです。社会のために、あるいは人のために貢献をした時に、初めてその後について回り回ってくるもの、これが本当の利益です。

だから自分が、何かに奉仕をすることによって、巡ってくる利益が、本当の意味での利益であり、自分の身につくものになります。よく「悪銭身に付かず」と言いますが、賭け事等によって得たものは、悪銭とまで言わなくても、身に付きにくいものです。

またご利益信仰のもう一つの問題は、神様に取引を願い出るようなことになるという事です。神様は「これこれを叶えてくれたら、幾らお礼をするよ」という話には一切乗って頂けません。「利益があるなら、信ずるよ」といって神様が出て来て下さるとは思えないのです。

お願いをする時には、神様に日ごろの感謝をする気持ちを土台に「ぜひ、このことを叶えて下さい。」と純粋にお願いすることが大切と思います。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shintoizanai.blog.fc2.com/tb.php/135-0eded576
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。